保育所の待機児童問題とは?

解決策とは

待機児童問題を解決するにはどうすれば良いのでしょうか。そのために国はさまざまな対策を取っています。たとえば保育所を整備することです。保育所が増えれば、待機児童の数はどんどん減っていくでしょう。ただし、保育所だけを増やしても保育士が不足してしまうため、保育士を増やすための試みも実施されています。認可外保育施設に対する支援も実施しています。あるいは事業所内保育施設に対する支援も行われるようになっています。

それぞれの自治体がこのような対策を取ることによって、待機児童問題は解決するでしょう。実際に効果が出ている自治体も存在しているのです。基本的に待機児童問題というのは自治体がどんな対策を取るのかが大きく影響しています。そのため、自治体によっては待機児童を0にすることができたところもあれば、依然として待機児童の問題が顕在化しているところもあるのです。

また、それぞれの家庭でできる対策もあるでしょう。早めに保育園について考えておくことが大切です。その際には居住している地域のみにこだわるのではなくて、たとえば就業地域にある保育所を利用するという方法もあるでしょう。また、妥協をするということも大切です。これからも待機児童問題は話題となるでしょう。