保育所の待機児童問題とは?

待機児童問題とは

待機児童問題とは保育園に申し込んでも入ることができない児童が増えているという問題のことです。少子化が進んでいるにも関わらず、待機児童問題は解決していません。その理由として共働き世帯が増えている点があります。日本が不景気となっており、共働きでないと家計を維持することができない家庭が増えているのです。今では共働き世帯の方が専業主婦世帯よりも多くなっています。そのため、どんどん保育所を必要とする親が増えており、待機児童問題が生じています。

ただし、すべての地域において待機児童問題が生じているわけではありません。自治体によって保育料や保育園への入りやすさは異なっているからです。基本的には都市部の方が待機児童は多いという結果が出ています。都心では就業率が高くなっており、共働き世帯が多いです。また、核家族化が進んでおり、保育を両親や親戚などに助けてもらうわけにもいかないのです。日本ではどんどん都市部に人が集まる傾向にあるため、余計に都市部で待機児童問題が顕在化しやすくなっています。

また、新しい保育園を設置しようと思っても、子供の声が騒音になるという苦情があるために、なかなか新しく保育園を設置できないという状況になっています。